LAPISのニュートラルライフ

仕事はアロマ関連。人生はオリジナルに。どんな価値観もよし。枠からはみ出すオリジナリティ。はみ出したっていいじゃん。そんな日常綴りのブログ。

過剰反応だよねぇ…

私のパソコンとの本格的なつきあいは

1985年くらいから。

入社した会社でウィンドウズ機を使って

仕事をする担当だった。

 

ネットをやり始めたのはパソコン通信

多分80年代のおわりから90年代初めの頃かな。

子育てで外に出られなくて世の中の情報にも疎いし

学生時代の友人たちはもうバブルで浮かれていて

別世界みたいで付き合えなかった。

 

そんな時に趣味の話とかでコアなやりとりができる

掲示板という場所は楽しかったしリフレッシュした。

ダイアルアップ方式でオンラインだし、ずっと電話に

繋がっている状態。おまけに処理能力もカメみたいだから

課金がすごくて相方に怒られた、笑。

でもそのおかげでブラインドタッチは自然とマスター。

かな打ちしかできないけど、笑。

 

そういうコミュニティとか立ち上げてた代表者は

今みんなベンチャーや企業家として有名になってる。

好きこそものの上手なれ~だな。

 

あれから30年ちょっとで世の中ここまで変化して。

当時観ていたタイムトラベルできる映画の設定年代なんかも軽く飛び越えて。

 

利器はどんどんできたのに。

案外人の心は変化してない、笑。

今その反応の仕方が極まってる。

というかデフォルメされてる。

 

生まれた時から便利なものが当たり前のようにある人たちとそうではない世代間のギャップもあるけど。

意外に今の若い人たちの保守性にすごくびっくりする。

失敗を極度に恐れているというか…。

 

私みたいな失敗からこそ学ぶ~という人間からすると

なんでやらないんだろう?やってから考えればいいのに。

やらない人間がやった人間のことをあれこれ批判したって

なんの説得力もないし、そんなことスルーすればいいじゃん・・・

 

なんて思ってしまう、笑。

 

究極

他人の人生にあれこれ言うのって

暇なんじゃないの?と思ってしまう。

そんなことを昨日も知人と話していた。

 

行動している人間

行動しない人間

 

それだけだよね。

 

それと命と向き合う現実を生きている人と

そうじゃない人とは決定的に違うと思うし。

 

結局

人は見たいものだけをみて

それに反応するだけ。

過剰な反応は目の前の現象に大なり小なり

自分を視ている。そういうことだと思うなぁ。

相手をあれこれ言うより

自分を振り返れってことなんじゃないのかな。

 

ダラダラ書いた私は今ヒマなんですね、笑。